甘酸っぱいラズベリー

ジョングクが怪我をしてしまった

私生活での圧迫感、自ら作り出しているものなんですがなかなかしんどくて思うように計画も進まないし、いいことばかりが起こるわけでもない。そんなモヤモヤとして消化しきれてないなぁなんて思ってる矢先に私のマイスイート押しジョングクが踵を怪我してしまいました。

 

踵を怪我??しかもストレッチ中に???はい???謎だらけだけど結局ジョングクは怪我をしてしまった。怪我が心配なのはもちろんしょぼいファンの私はとにかく治るのか、コンサートはどうするのか、そんなことを考えていました。ジョングクワタシのことたべていいよ…ごめんなさい…私自体昔からずっとジョングクを追っていたわけではありませんが、ここ一年ほどの間でジョングクに変化があったように思われます。

 

子供ながらに足を踏み入れヒョン達と共に成長してきた防弾少年団、そのメンバー、ジョングク。他のメンバーよりも幼いもののそんなの関係なしに進む時間と起こる出来事。普通の子供としての経験なんてできるのかってぐらいの仕事。普通に学校に通っていたら「お前また英語欠点なの〜笑」『仕方ないじゃん〜だって眠かったんだもん』とか冗談ぽく言いつつも腹立てたりしたのかな?『ここで綺麗に見せなきゃ、ここできちんと売らなきゃ』自分のことが周りへ影響してお金の問題とか人間関係とか大人達の顔色を伺っていたりして少しは怯えていたかもしれない。 

でもジョングクは普通の人よりも感性が豊かだ。きっと、感情や関わり方をステキなヒョン達やステキな周りの関係者の方々が厳しくも優しく教えてくれていたんだろうな、そう思います。

 

それでもやはり成長しきれない、受け入れきれないこともあったと思います。去年の年末のからの姿は少し物足りなそうな眼差しをしていました。それをみた瞬間、ジョングクも普通の人間なんだ、私たちと何もからない人間なんだと改めて強く心に思いました。

昔からも思っていたこと、

アイドル・芸能人も時を忘れて笑うし、悲しくて悔しくて泣くし、お腹がすいてくるし、人を好きになって恋するし、死にたくもなる、つまり食欲睡眠欲性欲物欲願望もたくさんある人間

結構忘れがちで自分のフィルターで見たり、他人の価値観を投影されがち、な事。わかってるようでわからないこと。私はジョングクの弱さ的なものから人間らしさをほんの少し見れた気がしました。

 

ですが、今回のこの踵怪我事件。怪我初日のコンサート、ジョングクはなんとか出演するもベストなパフォーマンスでないと、一回一回を大切にする彼は悔しくて涙した。けど次の日は結構ケロッとしていた。

ケロッとした姿を見て、ジョングクはなにかしら問題の解決策を見つけ出した、もしくは感情をうまくコントロールしたのかなと思った。以前だって解決策を見つけただろうし、感情をコントロールしていたでしょう。でも、今回はサッパリと気持ちを切り替え最善のつくして物事を終わらせていっているように感じます。vliveでのコメントにしろコンサートでの振る舞いなどジョングクはarmyの前に姿を出すたびに熟練されていると思います。本当にステキだ…

 

本人が本当はどう思っているか、どうしているかはわかりません。私の直感です。でも想像どうりでも想像どうりでなくてもジョングクの考えや行動があります。それを見たい!と思って私はジョングクのファンになったのでさらにステキな惚れさせ直させるようなジョングクにまた出会っていきたいです。最近特に感覚的にジョングクが好きで、顔ファンよりタチが悪い気がする。まぁつまり細胞レベル?細胞レベルで恋してるしもうブルゾンセンスで生きて行こうかな…

最後にこの話題だいぶ遅れてるな…笑